離婚に関するトラブルと法律

離婚に関するトラブルと法律
養育費の支払い方法
本当に内縁関係ですか?
離婚するための証拠作り
憲法上の権利は
国に対するもの
誤認逮捕と冤罪
精神鑑定は未発達段階
法律の保護を受けないもの
契約書を過信するべからず
遺言のすすめ
トラブル時、まず何をするか
架空請求は無視







精神鑑定は未発達段階

7. 精神鑑定は未発達段階
刑事事件では、精神鑑定が行われる場合があります。
心神喪失等が認められれば、刑が減免されます。
これは、刑法の基本的な立場や考え方に則したものです。

刑法の考え方としては、
@ 構成要件
A 違法性
B 責任
の順に検討していき、すべてに該当した場合のみ、犯罪が成立します。

@構成要件とは、犯罪を構成する行為等条件のことで、
条件に該当するかどうか、です。
次に、A違法性の有無です。
行為があっても、違法性がなければ犯罪ではありません。

最後にB責任の段階で、責任があったか、
責任能力があったかなどをみます。
刑事未成年者などは、ここで外れます。
精神障害もここです。

この『責任』という言葉は、一般的な意味と異なります。
刑法上では、『道義的非難できる』という意味です。
故意があったかもこの段階です。

流れとして@からBが、客観から主観になっています。
Bの責任では、行為者の特段事情を見るのです。

心神喪失は、薬物やアルコールがわかりやすいと思います。
酩酊状態で自分がどこにいるかも
何をしているかもわからずしてしまった行為は、
心神喪失状態にあったといえるでしょう。
しかし、薬物などによる心神喪失等は刑を減免させません。

精神障害は、精神医学や犯罪心理学の分野ですが、これは未発達段階です。
脳などに物理的障害がある場合ならともかく、
そうでない病気を、裁判上科学的に証明することは、困難です。
国や時代、裁判官によって、判断がかなり変わります。