本当に内縁関係ですか?

離婚に関するトラブルと法律
養育費の支払い方法
本当に内縁関係ですか?
離婚するための証拠作り
憲法上の権利は
国に対するもの
誤認逮捕と冤罪
精神鑑定は未発達段階
法律の保護を受けないもの
契約書を過信するべからず
遺言のすすめ
トラブル時、まず何をするか
架空請求は無視







本当に内縁関係ですか?

3. 本当に内縁関係ですか?
日本の民法では、結婚は法律婚を基本しているため、
夫婦や結婚にまつわる保護や法律は、
婚姻届を受理された夫婦を大前提にしています。
しかし、内縁関係も法律婚と同等にみなし、保護します。

この『内縁』、よくニュースでも耳にします。
ところが民法の『内縁』と、
一般的な『内縁』では若干意味が異なります。

「内縁の夫(妻)が・・・」といった相談のほとんどは、
そもそも民法上の『内縁』ではありません。

民法の『内縁』とは、結婚はしているが
届けを出していない夫婦を指します。
その例としては、結婚式を挙げたが、
婚姻届を出していない、
周囲に結婚したと告知し、
周囲は正式な夫婦と思っていたが、
未入籍であった場合などです。
挙式の有無、周囲への告知などが、
この場合内縁関係の存在の証明となります。

そもそも内縁とは、昔田舎で、
結婚してもすぐには籍を入れてもらえず、
その家にふさわしい嫁かどうか審査され、
不合格であれば身一つで放り出されてしまう、
という風習があったために、
そんな女性を保護しようとできた制度です。

そのため、現代のいわゆる同棲は、
どんなに長い期間であっても、民法上の『内縁』にはなりません。
夫婦同然の生活をしていたとしも、
『内縁』に該当するかしないかは、別次元の問題です。

法律婚でも内縁でも(婚約関係でも)
なければ、一方的な別れや浮気も、
通常の恋人同士と同じ扱いになりますので、
離婚や慰謝料の問題にはなりません。