養育費の支払い方法

離婚に関するトラブルと法律
養育費の支払い方法
本当に内縁関係ですか?
離婚するための証拠作り
憲法上の権利は
国に対するもの
誤認逮捕と冤罪
精神鑑定は未発達段階
法律の保護を受けないもの
契約書を過信するべからず
遺言のすすめ
トラブル時、まず何をするか
架空請求は無視







養育費の支払い方法

養育費の支払い方法

財産分与や慰謝料については、
離婚時に一括して支払うことも多いですが、
養育費は子が成人するまで、
月々の支払いにする夫婦がほとんど。
本来養育費とはそういうものなので、
概念的には正解なのですが、
現実問題として支払いが滞るケースが非常に多いです。

最初の数ヶ月は振込があったものの、
その後遅れたり、滞ったり。
連絡するのが嫌だからと、
支払いがなくても放置してしまったり。
連絡しようとしたら、不通になっていたり。

もちろん病気や失業等、
事情が変わった場合もありますが、
悪意のトンズラも実に多いです。

請求したくても、相手の連絡先がわからなくなったら、
請求しようがなくなります。
そうならないように、相手の親の連絡先まで控えていたのに、
親まで連絡が取れなくなった、なんてこと珍しくありません。
督促も差し押さえも、相手が所在不明であれば、できません。

それを避けるために、
養育費の支払いも一括あるいは
前倒しで支払ってもらう方法があります。
支払い方法は、お互いの同意が必要なので
話し合いで決めなくてはなりませんが、
滞りそうだと思うなら、一括での支払いをお願いしましょう。

それが不可能であれば、
確実に相手の所在は明らかになっているようにしておいてください。

ちなみに支払い方法は、法律上の定めがあるわけではないので、
例えば出費のかさむ4月を多めにとか、
子の進学時多めにといった約束をあらかじめしておくこともできます。


美顔器は数多く発売されています美顔器 比較ではその中から
人気の美顔器をご紹介しています。