トラブル時、まず何をするか

離婚に関するトラブルと法律
養育費の支払い方法
本当に内縁関係ですか?
離婚するための証拠作り
憲法上の権利は
国に対するもの
誤認逮捕と冤罪
精神鑑定は未発達段階
法律の保護を受けないもの
契約書を過信するべからず
遺言のすすめ
トラブル時、まず何をするか
架空請求は無視







トラブル時、まず何をするか

トラブル時、まず何をするか
期限が過ぎても貸したお金が返ってこない。
契約の不履行があった。
損害賠償請求したい。
などなど。

権利侵害があり、相手に何か請求するとき、
内容証明郵便が有効です。
というのも、権利侵害の事実があり、裁判で請求するにしても、
証拠がない、時効が成立等あれば、裁判に勝てません。

まず、事実を整理し、請求する内容を決めます。
この時点で事実の証明ができなくても、
相手から返事が事実を認めていれば、
それを証拠とすることができます。
また、債権は督促によって時効が中断します。

仮に借用書のない借金の督促でも、
相手が「待って欲しい」等借金の存在を認める返事をすれば、
その相手からの返事で借金の存在を証明することができます。
ちなみに一部入金でも認めたことになりますので、
一括で返済してくれる望みが薄いときは、
一部入金を依頼してみるのも手です。
普通郵便ですと、「送った」「届いてない」の水掛け論になりかねません。

内容証明郵便を送ることで、
相手に多かれ少なかれ心理的効果を与えることがあります。
弁護士等専門家との連名にすれば、なおいいです。
相手に、自分は本気だ、
法的手段も辞さないという意思表示になるのです。

とりあえず、トラブルが起きたら
@ 事実の整理
A 相手への意思表示
B 証拠の保全
C 時効の中断
などをまず、しましょう。
その際A相手への意思表示なども、
電話や口頭ではなく、文書で、
証明しやすいものがいいので、内容証明郵便がいいわけです。